にきびの市販薬

『市販薬』

ニキビの悩みを抱えたからといって、いきなり皮膚科などに駆け込む人はいないでしょう。

まずは、ドラッグストアなどで、ニキビケア用品や薬を探すはずです。

どのような薬があるか、少し紹介していましょう。

まず、街のドラッグストアや薬局で買えるケア用品や薬には、一般医薬品と医薬部外品があります。これ以外には医師など専門家が処方する医療用医薬品があります。

医薬部外品は症状の改善や予防効果をもたらすものをいいます。効果はそれほど高くありません。ニキビ対策に用いるのなら、薬と化粧品の中間的存在と考えていいかもしれません。

直接的にニキビを治すなら、一般医薬品の中から選びましょう。医療用医薬品には及びませんが、皮脂を取り去る、ニキビによる炎症を抑えるなどの効果が期待できます。

一般医薬品ならば、たとえば「テラ・コートリル軟膏」があります。湿しん、皮膚炎、皮膚感染症、歯肉炎、膿皮症などなど、お肌のトラブルに幅広く使われます。ニキビにももちろん効果があります。ただし、抗生物質やステロイドなど、強力な成分が入っていて、副作用も強めです。

また、「ペアアクネクリームW」というのもあります。大手ケア用品メーカーのライオンから出ている一般医薬品です。

特に大人ニキビにターゲットを絞っています。イブプロフェンピコノールとイソプロピルメチルフェノールが主要成分で、ニキビの炎症を抑え、殺菌効果もあります。

つけ心地も悪くありません。お肌にすっと伸びて、透明です。つけた上からお化粧も可能です。