漢方治療でニキビが治る

『漢方治療』

「ニキビ治療にあれもこれも試してみたけど、あまり効果がなかった」という人は違うアプローチを考えてみましょう。

例えば、漢方薬です。西洋医学の場合は、病気そのものを直接的にたたくような考え方をしています。が、漢方の医学、あるいは東洋医学では、もともと人間に自然と備わっている治癒力を高め、それで病気からも回復する、という考え方をしています。

即効性に欠けることは多いようです。が、その分体に負担をかけることもないし、治療できたときには体質改善もできています。効果は持続し、再発の恐れもほとんどなくなっているでしょう。

特にニキビが慢性化した人にはおすすめです。また、大人のニキビの場合には、原因をこれといって、ひとつに決めることも困難です。このパターンにも漢方薬はおすすめです。

漢方薬はどれかひとつを選んで飲むのではなく、個人個人体質や症状に合わせて、組み合わせることで、いっそう効果を発揮します。が、ここでは基本的な知識の助けとして、いくつか紹介しておきましょう。

「荊芥連翹湯」。顔面に皮脂が多く、小さいニキビが目立つ人に向いています。

「十味敗毒湯」。背中、おしりなど体の裏面に痛みを伴うニキビに効果的です。

「清上防風湯」。赤いニキビが額にできる場合に効果が顕著です。

これら以外に、便秘を治す、生理の負担を減らすなどの効果から、ニキビにも効果のある物としては、「加味逍遥散」「当帰芍薬散」「桂枝茯苓丸」などがあります。